日本からハワイへ来ると、まず感じるのはその気候の違いでしょう。東京都内の夏は(今年は雨が多く、気温の低い日が続きましたが)高温多湿で、エアコンなしでは過ごせないほど。
それに対して、ハワイは気温は一年中高めではありますが、湿度は割と低く、過ごしにくいというほどでもありません。ハワイも日本と同じ北半球ですので、いちおう「夏」は暑く、「冬」はそうでもないということはありますが。ただし、晴天の日はいつでも日中の陽射しの強さは相当なもので、10分も歩いていると結構体力を消耗します。また、帽子なしでは頭が焼けてしまいそうになることもあります。
そして割と気づかないのが日焼け。やけどをしたように赤くなってしまったり、また、長く滞在すると、いつの間にか「地黒」になってしまったなんてことも。基本的に陽射しの強さ自体が、日本とは違うのだと認識しておくべきでしょう。
できれば、屋外での活動は早朝の涼しい時間帯にして、日が高くなってきたらいったん引き上げて、あとは夕方までは木陰、ショッピングセンターなどで気持ちのよい潮風を楽しんではいかがでしょうか。