交通情報をテレビで見ているとよく出てくる表現です。”zipper”は日本語でいうところの「チャック」「ファスナー」のこと。
H1フリーウェイは東西に走る道路ですが、東方向(eastbound)と西方向(westboud)の交通量は当然ですがいつでもおなじではなく、朝のラッシュ時はダウンタウンやワイキキに向かう車が多く、夕方の帰宅時間は逆になります。そのため限られた車線(lane)を有効に使うため、道路の縁石を移動して、時間帯によって東西の車線数を変えるようにしているのです。つまり「混雑する方向と反対方向」の車線の一つを、「混雑する方向」の車線にするために、中央を分離するための縁石の位置を変えるのです。”zipper lane”をグーグル検索して画像を見てくださいね。
混雑緩和のための車線規制はカピオラニ通り(Kapiolani Blvd.)でも行われていますが、こちらは「コーン」を使っています。

オンライン英会話GNA