医療保険の見直しをしていてつくづく思ったのですが、ハワイに限らず、アメリカ全般に言えることですが、日本に比べれば医療費はとにかく高いです。そしてそれをカバーするための保険もお金がかかります。日本は昔から国民皆保険の国ですが、アメリカはオバマ大統領の時代に、いちおう「皆保険」の枠組みはできたのですが、保険料がとにかく高いのです。
ですので、企業が求人を出すときには、医療保険の補助などをベネフィットとして提供して人材集めに役立てています。しかし、それでも家族全員分入ると月に1000ドルを超えることは珍しくないので、平均的な家計にとってはかなりの負担です。
ハワイでは、勤め先が提供してくれるプランに加入するのでなければ個人で個別に契約するしかないのですが、その場合にはHMSAかもしくはKaiserの2つのうちのいずれかの人が多いようです。
オンライン英会話GNA